ふしぎの国のベル

アクセスカウンタ

zoom RSS スズカケの空

<<   作成日時 : 2005/06/25 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Verityは、赤ちゃんのときから、外が好きでした。お散歩は毎日、緑の多い広めの公園まで出かけていって、2時間くらいいました。お歩きができるようになると、履かせていた靴が脱げても、パタパタ歩いていってしまう子で、母は追いかけるのが大変。

すこしもじっとしていない。公園デビューをしたものの、他のお母さんたちとゆっくり話すこともできないくらい、一所に落ち着いていないお子ちゃまで、砂場にいたと思ったら、もう公園内の隅から隅まで探検しにチョコチョコ歩いていってしまいます。子どもの足って、けっこう速いんですね。大人は小走りについていかないと追いつけない。落ちている葉っぱやゴミを拾っては、ポイっと後ろへ投げ、またチョコチョコ、目のついた何かのところへ駆け出します。

それは飽きもせず毎日やっていました。梅雨時で、外に出られない日が続くと、ご機嫌が悪くなり、グズグズ泣いて不安定でした。(当時の育児日記にも書いてあります。) ある冬の日、ベビーカーにVerityを乗せて買い物に出かけたら、雪が降ってきました。Verityの顔に雪がかかって、目をパチパチさせ、手のひらを上に向けてつかもうとしています。大慌てで、小走りにベビーカーを押しながら帰ったところ、玄関を入ったとたんに、「うわぁ〜ん」と泣かれてしまいました。ベビーカーの中で海老反りになって暴れています。そう、せっかく雪が自分の顔にあたったりする感触を楽しんでいたのに、家の中に入ったのが気に入らないというわけです。(^^;;

公園へ行く道も覚えていたのでしょうか? 違う道から行こうとすると、まるで「その道じゃない、こっち!」と言わんばかりに、ベビーカーの中で体をいつもの道方向にひねっているんですね。これはビックリしました。でも私はよほど彼女が嫌がらなければ、ときどき違う道を通ることにしました。するとちゃんとその道が公園へ行く道だとわかると、どこを通っても怒らなくなったのです。別の道は公園には行けないと思っていたのでしょうね。

たまに従姉の家に連れて行ったこともありますが、買い物に出かけたとき、曲がり角までくると体をひねって怒るので、よく考えたら、従姉の家に行く方の道を行きたかったらしい。やっぱり道を覚えているんだなぁと実感しました。Verityは言葉が出なかったのです。長いこと、ずっと。だから具体的に言葉で教えてくれることはなかったのでした。

Verityが言葉が出たのは1歳半ですが、それはコミュニケーションツールとしての言葉ではありませんでした。まず覚えたのが野菜や果物の名前。絵本や、コップの柄を見て、私が教えていたのです。それとモノマネ。私が電話に出るときの「あ、はい、もしもし」というのを聞いていたんでしょうね。おもちゃの電話でマネッコしていました。同居しているおばあちゃんの口癖も覚えていたり。でもそれ以上会話になることはなかったのです。

さてある夏の日、いつものように公園に出かけました。2時間を過ぎても帰ろうとしないVerityに、そろそろいつもの鬱憤がたまっていた私は、「もう置いていくわよ」と帰るそぶりをしました。そんなことちっとも耳に入っていない彼女は、公園の真ん中に突っ立っている。近くには大きなスズカケの木があり、木の葉の間から日光が葉をキラキラ照らし出しています。いつまでも彼女はニコニコ上を見上げてじっとしていました。

後追いをしないVerityに、いつも悲しく思っていた私は、わざと遠く離れて、別の木立の間から見ていました。40分くらいそこにいました。Verityにとっては母はいなくてもいいのかと惨めな気持ちで立っていました。そのとき彼女は、両手を上げて、空をむいて、何やら意味不明の言葉とも言えない言葉でもって、木の葉の向こうにある空に笑って話しかけていました。

悲しい気持ちだったのと別に、妙に崇高な風景をみたような気がしました。青い空、スズカケの大きな茂った葉っぱ、木洩れ日、光、そういうものに両手を捧げて、笑って見上げている姿が、神聖なように思えたのです。おまけによくわからない語りかけをたくさんしていたので、宇宙語で宇宙人と喋っているのか、はたまた彼女だけに見える天使に話しかけているのかと。(私はクリスチャンではないですが)

あのときの光景はいまだに忘れることができず、一枚の絵として私の心の中に掛かっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スズカケの空 ふしぎの国のベル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる