ふしぎの国のベル

アクセスカウンタ

zoom RSS 音への過敏

<<   作成日時 : 2011/05/27 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

未曾有の大震災後、東北や関東方面では毎日、それこそ一日に何度も地震が続いていますね。こちらにも地震速報はテロップで頻繁に流れています。

さぞ落ち着かない不安な日々が続いていることと胸を痛めておりますが、一方で我が家でも、速報のテロップが流れるたびにベルが落ち着きません。遠くからでも速報のピコピコ音が流れると、「何? 何だった?」と耳を半分塞ぎながらテレビまで駆けつけてきます。

はい。聴覚過敏によるものです。自閉っ子には多いと聞きますが、ベルも、突然流れてくるニュース速報のピコピコ音が苦手です。昔に較べたらだいぶマシになってきたんですけどね。ここ数ヶ月頻繁に流れるものだから、テレビに向って怒りを感じてるようです。(^^;

それと、最近気づいたのは、街中で車が曲がる前にアナウンスが流れることがありますね。方向指示のアナウンスです。「右に曲がります、ご注意下さい。」というアレ。これが聞こえると激しく耳塞ぎするようになりました。緊張の走った表情になります。よく見ていると、アナウンスとともに流れるピコピコ音が怖いようです。

それから、これは昔からですが、マンションの駐車場から車が出てくるときにブザーがなる所があって、それも怖ろしいようです。耳障りなブザーの音なので余計嫌悪するようです。

耳塞ぎでしのげるならそれはそれでよいのですが、やはり、これはこのままというわけにもいかないです。耳塞ぎは構わないけれど、少しでも特定の音への恐怖感を取り除ければ、もう少し生き易くなるのではないかと思うんです。

今日もテレビでの速報のピコピコ音に耳塞ぎして画面を見入っていましたので、

「この音にはビックリするよね? お母さんも驚く。
 それでテレビで速報を見て内容を知る。
 番組を見ていて突然、予期せずピコピコ音が鳴ったら、
 誰だってビックリする。
 ベルはもっと怖いんだよね?

 でもねぇ、この音はわざと注意をひきつけるための音なんだよ。
 大事なニュースだから、振り向いてもらうために鳴らす音なんだ。
 
 ベルの嫌いな、方向指示のアナウンスの音も、
 マンションから車が出てくるときのブザーの音も、
 危ないから気をつけてくださいという警告のための音なの。

 だから、ベルがビックリしてもそれは当たり前で、
 悪いことじゃないんだ。
 お母さんもやっぱりビックリする。
 それから、何があるんだろうと注意する。
 それが大事なんだよ。」

と、説明してみました。心の中では納得したと思うんです。音そのものへの嫌悪感は拭えないとしても、これは世の中からなくなってしまえばいいというものではないことがわかってくれたらいいと思います。

人工的なものじゃなくても、突然鳴り始める雷も大嫌いで、自然現象じゃもうどうしようもないですけどねぇ。

障碍をもつ人への配慮はいろいろありますが、必ずしもそれが叶えられるわけではない。生きていくことは、障碍の有無に関わらず、そう簡単ではないってことをベースに持っていれば、自分の中で処理したり、どういう助けを必要とするか現実的にわかりやすくなるだろうし、手立ては考えやすくなると思うんですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
音への過敏 ふしぎの国のベル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる