ふしぎの国のベル

アクセスカウンタ

zoom RSS 親不知

<<   作成日時 : 2013/06/01 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに、書籍紹介以外の記事での更新です。
ベルが親不知を抜きました。
いつかこの日が来るとは思ってましたがね。

ある日、ベルが、

歯が割れた!

と私に訴えてきたので、驚いて、口の中を見たのだが、指し示す場所が奥過ぎてわからない。が、確かに割れてる感じがする。
ひょっとして、親不知かもと考えつつ、歯医者に行った。

歯医者に行くのは何年ぶりだろうか。
小学生以来かというくらい、歯医者に行ってなかった。虫歯もなかったし。

歯医者に限らず、医者にかかることも思春期以降はほとんどなかった。予防接種と入学前の健康診断くらいで。病院とか医者とか、ベルを連れて行くのは私自身が戦々恐々としてしまうところがあって、またこれまで特に行く必要もなかったので、親不知が生えてきたときを思って歯医者に連れて行くのをどうしようかと思っていたところ。削る音やあの器具は私でも怯む。

でも虫歯にもなってるのを放っておくわけにはいかない。虫歯はほっといて治るものじゃない。ベルにも言い聞かせた。

ただ一つ、実はちょっとラッキーなことがあった。

小学生のときに行ったことのある歯医者は、一つ通り向こうに移転して新しくなっていた。ベルは新しくてキレイな場所が好きである。

その話をしたところ、

行きたい!

と、即答。

よしよし、本人が意欲的ならば、恐怖感も減るだろう・・・と、手ごたえを感じつつ、正直に、歯の治療の話をした。レントゲンを撮るかもしれない(長いこと行ってないんだから確実に撮るはず)、その日のうちに抜くかもしれない、抜く場合は痛くないように麻酔すること、歯を抜くときのバキバキ音が骨伝導で聞こえること、ペンチなどの道具類・・・など、私が知る限りの治療方法や段取りを説明した。

いざ!歯医者へ!   (大げさ)

受付の人に、ベルが障害を持ってることを話し、もしよければ付き添っていいか尋ね、OKをもらった。あちらも治療中に暴れられるよりいいだろうからね。

私も去年、ここの歯医者で治療を受けたことがある。障害のある青年が親同伴で治療を受けているのをそのときに見たことがあって、それも私の安心材料だった。

レントゲンを撮ると、
親不知は4本全部見事に生えていたことがわかった。

ええーーーっ!?

上の親不知の1本は割れてたし、横向きに生えている下の親不知のせいで、奥歯が虫歯になってるのもわかり、歯医者通いは長引くようだった。この際だから、歯のクリーニングもしてもらったほうがいい。せっかく本人が歯医者に行くのに、恐怖感が薄れているんだから。

そんなこんなで通い始めて2ヶ月ほど。1週間に一度くらいの間隔で治療してもらっているので、間延びしているだけだが、昨日で3本目の親不知の抜歯終了。

下の親不知は特に痛みやすいのだそうだ。が、上2本の親知らず抜歯のときも、虫歯治療で奥歯の一本の神経を抜いたときも、ベルは痛がらなかった。痛み止めも貰っていたのに、一度も服用の必要がなかった。3本目の、下の親不知はさすがに痛むだろうと思っていたが、結局、今のところも使わず。

シクシクすることもなかったのだろうか?痛み感じないわけでもなかろうに・・・。
ま、痛み止めはあまり飲まないほうがいいには違いないけれど。

4本目はまだすぐには抜かないだろう。何週間か間が空くと思われる。

今もずっと治療の間、付き添っているが、(椅子を用意してくださっている)
担当の歯科医はとても上手だ。
たぶん、子どもに声をかけるようにベルにも丁寧に声をかけているといった感じだ。

ベルは、揃えられる器具の一つ一つを、ガン見する。どういう器具を使うか目で確認したほうが、安心するのだろうか。自閉っ子は面白い。私だったら(小心者)、目をつぶってる間に治療しててほしいと望む人。

昔に比べれば、今の歯科治療は、いや〜な機械音(削る音)もしないし、静かなもの。それに、あんまり痛くない。進歩していてよかったとつくづく思う。

でも一応、予防注射のときと同様、痛むかもしれない下の親知らずの抜歯については、ハーゲンダッツのアイスを約束した。もう自分のお小遣いで買えるんだけれど、このアメ効果はいまだ有効なのだ。

もう一つ、今回の歯医者通いでいいことがあった。
ベルは、粉薬は飲めても、今までカプセルや錠剤は飲みにくかったのだが、抜歯後の抗生剤のカプセル剤が飲めるようになった。小さ目のカプセルだけど、飲めたことはベル本人も自信になった。苦手はいつまでも苦手じゃないんだなと感慨深く思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
親不知 ふしぎの国のベル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる