ふしぎの国のベル

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の学校見学

<<   作成日時 : 2006/02/04 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

某通信制高校の見学に行ってきました。中学入学してから、遠方でなければVerityにはここが一番いいんじゃないかと頭に残していた学校です。

通信制高校だから、立派な校舎があるわけじゃありません。駅から少し離れた、大きなマンションの隣にちんまりとあるビルです。高校という名前から、Verityは校舎のある普通の学校を想像していたかもしれません。言葉や表情には表さないけど、少し戸惑っていた様子でした。事前に、校舎らしい校舎じゃないかもしれないよとは教えておいたんですが、私も行ったことはなかったので、それ以上説明もできませんでした。

今日の見学は、最終日。受験に際しては、まず見学が必要とあったので、駆け込みのように申し込んだのでした。間に合って良かった。親子で何組かの受験生さん達が来られていました。見学は体験入学も兼ねているので、子どもたちと親は別々になります。親は子どもが授業を受けている間、別部屋で説明を聞きました。通信制とその高校のシステムに、なるほど、こういうカラクリ(変な言い方ですが、良い意味にとってください)で、高校資格がとれるわけだと納得した気がします。通信制で、単位制だから留年の心配もない。

Verityたち受験生は、あるモノを工作していて、その後、それについての授業を受けていました。親が説明を聞き終わった後、授業の部屋に戻って参観していると、中にはVerityのようなお仲間さんがいらっしゃる。(^-^) そしてとても生き生きしていらっしゃる。これが普通の学校だったら、「静かにしなさい。」とか、「今はそんな話はしていません。」とか言われちゃうんだろうけど、ここの先生はちゃんと言い分を汲み取って、困りもせずにうまく授業につなげていらっしゃいました。説明もみんなにしながら、なお、一人一人に目を配るようにしているのがわかります。

Verityはというと、特に楽しそうってわけでもないけれど、後で聞いてみたら、わりあい好印象ではあったようです。今の学年ではいろいろと封じ込められている生活なだけに、以前のようなVerityの素直さが発揮できないのが身についているせいで、感情が表に出ないのかと母は思います。

その後、個別の相談を受けてみました。面接の準備練習のつもりでしたが、あちらもそのつもりだったようで、できるだけVerityに話を訊こうとされてました。私・・・ダメなんですよね。つい、横から口をはさみそうになるの。(苦笑) できるだけ、抑えて抑えて。 

聞き取り理解のことについてが心配だったので、こちらからも尋ねてみました。言語性が弱いということも思い切って話してみました。隠していたって、為にはならないので。心理テストも受験にはあるのですが、田中ビネーだということだったので、一応、ずいぶん前のことではありますが、WISCのこともお話しておきました。そこから話をいろいろ伺っていると、Verityタイプの生徒さんは多いようです。言語性というより、コミュニケーションや社会性の場面でのフォローが必要なケースですね。

気になるのは、Verityがおそらく中学での面接の練習のときに言い直させられたのであろう返答の仕方です。気になるというのか、質問に沿ってそれなりにうまく答えてはいましたが、自分の気持ちを伝えているわけではない節もみられて。「高校で何をやりたいですか?」の問いに、「・・・お勉強をやることと、受験・・・です。」と答えたのに、「大学受験のことかな?」と訊かれて、「はい。」と答えたこと。

母は目を丸くするほどビックリです。Verityは大学受験なんて考えてなかったから。製菓の専門学校に行きたいと言っていたのを、きっと言い直させられたのかもしれない。高校の面接で、専門学校に行きたいと言っては不利にでもなるのだろうか? ま、そうかもしれない。できるだけ心証のいい言葉を選んで答えるのがいいのだろう・・・。裏表のないVerityにそういうことを教えるのは私としては嫌なのだが、世の中は裏表だらけ。入ってからいくらでも進路変更できるんだから、正直に言わなくてもいいってことなんだろうな。

ただ、こういうことがVerityの良さを封じ込めているような気がするの。現時点を突破するためには、母も黙ってみているしかないのかなぁ。嫌だなぁ。しょうがないのかなぁ。でも、ヤダなぁ。

ちなみに、中学とツーツーになる市内の高校と違って、他府県という気安さから、今学年はVerityにとってはあまりいい事態ではなかったこともお伝えしときました。学校からの書類を書くのは、現・担任。その書類の質問欄を見ていたら、現・担任が何を書くか想像できるだけに、不安があったから。評価を書く調査書と別に、文章で本人の状態を書く書類もあるので、あれやこれや困った話を書かれそうな気がしてるんです。

任務を終えて(笑)、帰途に。それにしてもやはり遠いなぁ。1時間半はきっちりかかる。JRはダメだわ。線が多すぎる、人も半端じゃなく多い。鉄道マニアなら喜びいさんでJRを使うだろうけど。少し遠回りだけど慣れた私鉄の方が、乗り換えもスムーズかもしれないので、そちらを検討してみましょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最後の学校見学 ふしぎの国のベル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる